クラニオとの出会い

 

2011年8月、米国でヘレン・パーマー主催のエニアグラムのトレーニングに参加した時に、マリオン・ギルバートという先生に出会いました。マリオンからは、たくさんのことを学びましたが、特に印象に残ったことがありました。

 

それは、人の成長のためには、エニアグラムはとても役に立つが、身体からも成長の助けになるものがあり、SE(ソマティック・エクスペリエンシング)とクラニオセイクラルを勧められたのです。

 

当時、成長するには頭で学ぶことしか考えていなかった自分には、大きな選択肢ができました。その頃は、日常的に喉が締め付けられるような感覚が続いていて、原因も分からず、自分が成長すれば解消するのではないかと漠然と思っていました。

 

マリオンの言う身体からのアプローチという選択肢は、とても納得いくものでした。

 

日本に戻って、木村千鶴子さんの「Cranio-Japan」というサイトを発見し、2012年2月、イントロダクションに申し込みました。

その後で開催されたスキルアップセミナーに参加し、受講生同士で交換セッションしている時に、「それ」を感じてしまったのです。

 

自分の身体を突き抜けていく力強い波。

 

訳が分からないまま衝撃を感じていました。

「これを学びたい!!」と強く思いました。

 

後から解説してもらったところによると、このとき感じた力強い波は「ロングタイド」と呼ばれるもので、人間を形成し、維持し、修復する意思の表れだと聞きました。

 

何やらロマンが刺激されます。

 

2013年10月、木村千鶴子さんの先生であるバードレイナが来日し、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセミナー1が始まりました。

以来、バードレイナの指導には魅了され、また素晴らしい仲間に囲まれて、感謝のうちに2016年10月にセミナー6を終えました。

 

バードレイナからは、毎日ニュートラルの練習をすること、解剖学・生理学・神経学・胎生学などの関連分野を勉強すること 、そして「Practice,Practice,Practice!!」といわれています。

 

セミナーの期間中には、延べ200人を超えるモニターの方々に協力いただきました。一つ一つのセッションが 自分の教師であったように思います。

 

また、この間にクラニオセイクラルのセッションを受けた数は100を超え、SEも約20セッション受けました。その他にもロルフィング、ローゼンメソッド、ビオダンサなど様々なワークを受けてきました。

 

セッションし、またセッションを受ける中で強く感じたことがあります。

 

癒しが起こるのは、「今ここ」の瞬間であり、「今ここ」につながるには身体につながることであり、身体は自らをどう癒すか知っているということです。

 

まさに、身体には叡智があるということを体験したのです。そして、この中で喉を締め付けられる感覚も徐々に減っていきました。

 

この身体の叡智を引き出すには、僕にはクラニオセイクラル・バイオダイナミクスという手法が最もぴったり来ています。

 

これからも、探求を続けたい気持ちでいっぱいです。

 

What's New

雑誌セラピストに記事を掲載いただきました。

セラピスト12月号ボディワーク入門の第2特集で、写真とともにワークを紹介いただきました。

http://www.therapylife.jp/latest/2017/11/201712.php

 

また、Webサイトにも掲載いただいています。

http://www.therapylife.jp/special/2017/11/bodywork.php

 

宜しければご覧くださいませ。

 

 

BCST資格を取得しました。

2017年10月25日、ファイナルプロジェクトの発表をもってBSCT(バイオダイナミック・クラニオセイクラル・セラピスト)の資格を取得しました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

セッションを始めます!

2016年12月1日より、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセッションを始めました。

よろしくお願いいたします。