倒木更新、切り株更新

屋久島の森には、動いていているものはなく時が静かに止まっているように見えます。観光客が少なければ、どこまでも静かです。

森には、倒木更新や切り株更新といった光景が見られます。

倒木更新
倒木更新

この写真は、倒木更新の例です。

 

屋久スギは今では保護されていますが、江戸時代から明治にかけてかなり伐採されたそうです。島の土に養分が少ないこともあってから年輪が詰まっており、倒木もなかなか腐りません。

 

切り株や倒木の上に新しい種が落ちると、芽を吹き、やがて大きな木へと成長していきます。

先の写真も、倒木の上に新しい木が大きな根を張っています。

数種類の木が互いに絡まるようにしながら成長していくものも珍しくありません。

 

森は時が静かに止まっているように見えますが、そこには何百年といった時の流れが凝縮されています。

 

同時に、切り倒されても、またそこから新しい命が生まれる、そんな圧倒的な力を感じます。

 

屋久島の森は、倒れたからといってそこで終わりではないということを教えてくれています。

どんな困難なことがあったとしても、そこからまた命が生まれるのです。

 

また、今を生きている木も、先代の木があり、その歴史の中で存在していることを思い出させてくれます。

今の木は、肥沃な土の上で育つ木と比べれば、決して良い条件の下で育っているとは言えないと思いますが、それでも今の条件を受け入れ、その中で逞しく生きているように感じられるのです。

What's New

クラニオデイ開催されました。

2018年3月27日、クラニオデイが開催されました。

ご来場のみなさま、FB等で応援いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

また、クラニオ・デイの記事をセラピーライフの「業界ニュース」にアップしていただきました。

http://www.therapylife.jp/news/2018/03/327.php 

 

 

雑誌セラピストに記事を掲載いただきました。

セラピスト12月号ボディワーク入門の第2特集で、写真とともにワークを紹介いただきました。

http://www.therapylife.jp/latest/2017/11/201712.php

 

また、Webサイトにも掲載いただいています。

http://www.therapylife.jp/special/2017/11/bodywork.php

 

宜しければご覧くださいませ。

 

 

BCST資格を取得しました。

2017年10月25日、ファイナルプロジェクトの発表をもってBSCT(バイオダイナミック・クラニオセイクラル・セラピスト)の資格を取得しました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

セッションを始めます!

2016年12月1日より、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセッションを始めました。

よろしくお願いいたします。