ついカッとなって…

罪を犯した人の談話に「ついカッとなって、やってしまいました。」というものが良くみられます。

以前は、理性の力が働いていない人のお話だと思っていました。

 

神経的には、五感から脳へ情報を伝える神経の方が脳から体に伝えるものより圧倒的に多いそうです。

 

外部の環境から入ってくる情報に直接反応する神経が、理性を使って判断する神経よりも優先されるようにデザインされているのではないかと思います。

 

これは、大きな危険があると感じた瞬間に、理性で判断しているよりも直感に従って行動した方が生存しやすいことと関連しているのかもしれません。

 

神経的にストレスがたまってくると、だんだんカッとなる衝動を理性で抑えることが難しくなってきます。

 

だんだんと、カッとなってしまうハードルが下がってきます。

 

理性で抑えるより指令よりも、外からの刺激の方が多いのですから。

 

そんな時には、無理に理性でコントロールしようとするよりも肉体からストレスを解放するアプローチが有効でしょう。

 

罪を犯すと社会的には、社会から隔離されたり罰を与られたりしますが、本人のためにはTREなどによって、神経にたまったストレスを解放していくことも大事だと思います。

 

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。

 

ついカッとなってしまうストレスの解放を手助けできればうれしく思います。

 

また、ついカッとなってしまう前の予防としてもTREはお勧めです。

 

 

What's New

クラニオデイ開催されました。

2018年3月27日、クラニオデイが開催されました。

ご来場のみなさま、FB等で応援いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

また、クラニオ・デイの記事をセラピーライフの「業界ニュース」にアップしていただきました。

http://www.therapylife.jp/news/2018/03/327.php 

 

 

雑誌セラピストに記事を掲載いただきました。

セラピスト12月号ボディワーク入門の第2特集で、写真とともにワークを紹介いただきました。

http://www.therapylife.jp/latest/2017/11/201712.php

 

また、Webサイトにも掲載いただいています。

http://www.therapylife.jp/special/2017/11/bodywork.php

 

宜しければご覧くださいませ。

 

 

BCST資格を取得しました。

2017年10月25日、ファイナルプロジェクトの発表をもってBSCT(バイオダイナミック・クラニオセイクラル・セラピスト)の資格を取得しました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

セッションを始めます!

2016年12月1日より、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのセッションを始めました。

よろしくお願いいたします。